ドラッグストアがお届けするガンに関する情報サイト

ガンの患者数と死者

病院でガンだと診断されるケースは毎年増加傾向にあります。ガン患者の増加の原因の一つに高齢化が挙げられています。それと同時に死亡者数も増加傾向にあり、2008年にガンで死亡した人は34万2,963人にも上るそうです。男性の場合、食道がんや前立腺がん、悪性リンパ腫など患者が増加傾向にあり、逆に胃がんや大腸がん、肝臓がんなどの患者数は減少傾向にあります。女性では食道がんや肺がん、子宮がん、卵巣がん、乳がんなどの患者数が増加しており、逆に胃がんや大腸がん、直腸がnなどの患者数は減少しています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

死亡した例では、男性の場合はすい臓がんでの死亡する人が増えています。女性の場合は肺癌や乳がんで死亡する人が増加傾向にあります。女性の乳がんへの意識を高めようと、さまざまなイベントが開かれたり運動が行われています。その効果もあり、最近では乳がんに関する関心が高まってきています。1975年のガンの死亡者数と比較して、2008年のガンの死亡者数は約2.5倍になっているのだとか。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ガン死亡率の推移をみると近年では死亡者数が減少傾向にあるのですが、ガンの死亡率を調べる際に用いられるのが年齢調整死亡率です。これは年齢構成の変化に影響されないもので高齢化などの問題は除外されているため、推移自体は下がっています。こうした資料の比較を通しても、高齢化によるガン死亡者の増加がよくわかります。

 

調剤薬局